日本語

English

ウイルス免疫分野

私たちウイルス免疫分野では、いくつかのウイルス感染症について研究しています。
特に、エマージングウイルスである鳥インフルエンザウイルス、リエマージングウイルスであるデングウイルスや季節性インフルエンザウイルスにフォーカスしています。ウイルス複製や病原性に関する基礎的研究に加え、いくつかの企業との共同研究として、また阪大微研が設置しているタイ感染症共同研究センター(MOCID:Mahidol-Osaka Center for Infectious Diseases)との共同研究として、迅速診断法の開発や治療薬の開発、さらに血液製剤中に混入しているさまざまなウイルスやプリオンの不活化やフィルター除去などの条件検討を展開しています。

influenza

インフルエンザウイルス

季節性インフルエンザウイルスに加えて、鳥インフルエンザウイルス、ブタ由来新型インフルエンザウイルスについて研究を行っています。
詳細ページへ

dengue

デングウイルス

熱帯地域の国々における蚊媒介性の重要な感染症で、近年、患者数が急激に増加しており、わが国においても旅行者にとっては脅威となっています。
詳細ページへ

 更新情報

  • 2013年8月19日 ホームページをリニューアルしました。

Copyright(c) 2013 Research Institute for Microbial Diseases. All rights reserved.